百度东方吧
东方吧Wiki >>所属分类 >> 东方游戏资料    附带文档    东方妖妖梦    其他资料    其他资料   

幻想乡风土记

标签: 幻想乡风土记 东方妖妖梦

顶[14] 发表评论(0) 编辑词条
目录

幻想乡风土记 编辑本段回目录

東方妖々夢 ~ Perfect Cherry Blossom.附带文档

这里是东之国的渺无人烟的边境地区。

很久很久以前,流传着恐怖的传说:进入这里的人便会迷失方向,最后被妖怪们吃掉。
人们把这里称作“幻想乡”,没有人敢靠近……

人们畏惧妖怪,也时常出现些勇敢的人去消灭妖怪。在那些勇敢者中,一部分人为了监视妖怪使其不再来到人类居住的村庄,就在幻想乡中定居下来。
这段时间中,妖怪与人类的战斗日夜不息。

这个传说在这个山国中是经常可以听到的,不是什么少见的传闻。那个时代也认为那个地方是确实存在的。

经过了1000多年后……

人类文明繁荣了起来。人类已经不再畏惧黑暗了,因为人类已经能够制造出即使在夜里也能把周围照亮的东西了。
人类完全盲目迷信于唯物科学,把非科学的世界,也就是妖怪和鬼怪等的世界,作为迷信而排除掉了。

幻想乡也被认为对人类世界已经没有任何存在的必要,因此僧侣们集合力量制造出无法再次解开的巨大结界把幻想乡封印起来。当然,这其中也包括了在幻想乡中居住的很多的妖怪和那些勇敢者的后裔们……

从那时起,人类和妖怪的历史便打上了中止符。

不久以后,便没有人知道幻想乡的存在了。

被封印后不知过了多久,在幻想乡中,和那时一样,很多的妖怪和极少数的人类居住着。
幻想乡的妖怪们,在这里发展了他们独自的文明。那个文明,看起来与被封印的时代没有什么改变。但是,那不是唯物文明,而是比人类世界更久远、更优秀的以精神为中心的文明。大概是因为那些聪慧的妖怪们认为和物质的丰富相比,还是更希望精神的丰富吧。

对于拥有这样的魔法文明的妖怪来说,当年封印了幻想乡的大结界,已经可以很随便的把它解开了。但是,妖怪们并没有解开它。相反的,妖怪们使用了更强大的力量来加固大结界。原本用来封印幻想乡的结界,现在却被用于防止人类的侵入了。

说起来,妖怪的主要的食物是人类,特别是喜欢天然的人类。因此,食物班会定期出去狩猎人类。当然,那个时候的人类是无法觉察到妖怪的存在的。妖怪们制造了各种各样的事故和离家出走来狩猎人类。这种程度的人口失踪是不会在新闻上登出的,因为人类世界的人数增加的太多了。
就这样,人类和妖怪的历史翻开了新的一页。


即使是在现在,偶尔也会有人在那样一种妖怪世界般的幻想乡中迷路的。
据说,外面的世界把他们叫做“神隐(突然失踪)”。

大多数的人无法再从幻想乡中出去了。然而一些运气好的人一回到原来的世界,就一定会被无数的人追问他关于神隐的事情。

“我见到了桃源乡了”,或者是“我去了蓬莱山”。

从他们的口中这样说道。仿佛他们的脑袋出了问题一般,谁也不相信他们的话。

造访这里的人类,我想他们大概会认为这里就是传说中的乐园吧。
乍一看去,仿佛鬼斧天成的自然环境以及全部由在这里生息的生物所构建的十分成熟的文明。是的,从处在人类世界的人们看来,这里就仿佛是没有任何纷争的安详乐园。


幻想乡是很多的妖怪和数量屈指可数的人类的乐园。
这个乐园在人类灭亡或者到被人类发现那一天为止将一直存在下去……

以上所记录的,不过是发生在和平的幻想乡中的不可思议的日日夜夜的事情罢了。


P.S.
对于居住在幻想乡中的人类来说,和妖怪们在一起共存的这里真的是“乐园”吗?
不管怎样,自身拥有并不输给妖怪们的力量的他们,也并不会感觉到无聊吧。

(博麗神社 第13代巫女 记 )

 

 

原文编辑本段回目录

           -幻想郷風土記-             

  ここは、東の国の人里離れた辺境の地である。         

  はるか昔この地は、迷い込んだら最後、妖怪たちに喰われてし  
  まう、と恐れられていたのだ。                
  人々はここを「幻想郷」と呼び、決して近づく事は無かった。  

  人々は妖怪に恐怖し、時には退治を行う勇敢な人間も現れたり  
  した。そうした勇敢な人間の中には、妖怪が人里に下りていか  
  ないよう見張る為、幻想郷に住み着くものも現れた。      
  この頃は、妖怪と人間の戦いが毎夜の様に行われていたのだ。  

  この様な話は、この山国には良くある話で、特に珍しい話では  
  ない。この様な場所もいたるところに存在した時代であった。  



  そういう時代が1000年以上続いた...            

  次第に人間は文明を築きあげた。もう人間は暗闇を恐れない。  
  なぜなら、夜でさえ、昼のような明るさで周りを照らすことが  
  出来るようになっていたのだから。              
  人間は唯物科学を盲信しだし、非科学的な世界、つまり妖怪や  
  鬼などという世界は、迷信だと排除していったのだ。      

  幻想郷も、人間界に必要無いと判断され僧侶達が力を合わせ、  
  2度と解けない大結界を張られてしまった。もちろん、幻想郷  
  に住む多くの妖怪と勇敢な人間の末裔と共に...         

  そのとき、人間と妖怪の歴史は完全に終わったのだ。      

  しばらくたって、幻想郷を知る人間は居なくなった...      



  封印されてからどのくらい時間が経っただろうか、ここ幻想郷  
  は、あの時と変わらず多くの妖怪と、僅かばかりの人間が住ん  
  でいた。                          
  幻想郷の妖怪達は、ここで独自の文明を築き上げていたのだ。  
  その文明は、見た目は閉じ込められた時代から余り変わってい  
  ない。しかし、それは唯物の文明ではない、人間界よりはるか  
  に優れた精神中心文明なのだ。賢い妖怪達は、物の豊かさより  
  心の豊かさを求めたからであろう。              

  このような魔法文明の妖怪にとって、幻想郷を封じた大結界は、 
  すでに解くことも自在になっていた。しかし、妖怪達は解こう  
  とはしない。それどころか、さらに強い力で大結界を張り直し  
  ていた。元々は幻想郷を封印するための結界を、今は人間の侵  
  入を防ぐために使用していたのだ。              

  とはいえ、妖怪の主な食料は人間である。特に天然物が人気だ。 
  そのため、食料班は定期的に人間を狩りに出ていた。もちろん  
  そのとき人間に妖怪の存在を気付かれてはいけない。妖怪達は、 
  色々な事故や家出に見せかけて、人間を狩っていた。その程度  
  の行方不明者はニュースにもならない、人間界の人間は増えす  
  ぎていたのだ。                       

  こうして、人間と妖怪の新しい歴史は築かれていた。      



  そんな妖怪世界の幻想郷だが、今でも、たまに道に迷った人間  
  が紛れ込むこともある。                   
  彼らは、外の世界では「神隠し」と呼ばれているようだ。    

  多くの人間は幻想郷から戻ることは出来ないが、運良く元の世  
  界に戻れると、彼らは神隠しのことを山のように質問されるに  
  違いない。                         
  その彼らは口々にこう言い、頭がおかしくなったのだと、誰に  
  も信じてもらえないのだ。                  

   「桃源郷を見た」だとか「蓬莱山に行った」のだと。     

  ここを訪れた人間は、この地を伝説の楽園だと思うらしい。   
  一見、見た目は無何有郷でありつつ、全てがここに棲む生き物  
  のために機能した文明も兼ね添えていた。そう、ここは人間界  
  の人間から見て、紛れも無く楽園だったのだ。         


  幻想郷は、多くの妖怪たちと僅かばかりの人間の楽園であった。 
  この楽園は、人類が滅びるか人間に発見されるまで楽園のまま  
  なのだ。                          

  これからの出来事は、全て幻想郷内だけで起きる平和で不思議  
  な日々の記録に過ぎない。                  


  P.S.                            
  幻想郷に住む人間にとって、妖怪と一緒で何で楽園かって?   
  それは、皆妖怪に負けないくらいの力を身につけてるし、なん  
  てったって、退屈しないじゃないの。             

               (博麗神社 第13代巫女 記)  
参考资料
[1].  東方妖々夢 ~ Perfect Cherry Blossom.   http://www16.big.or.jp/~zun/html/th07man/html/story.html

附件列表


→如果您认为本词条还有待完善,请 编辑词条

上一篇文文新闻 第百二十季 霜月の一

东方吧Wiki现仍在不断修正完善中,如果您发现有任何确定的错误与疏漏
可以直接对错误进行改正补充,一起打造一个完善的东方Project专题Wiki
14

收藏到:  

词条信息

JoesSR
JoesSR
超级管理员
词条创建者 发短消息   

相关词条